佐賀1年生。

30代夫婦+やんちゃ息子の3人で佐賀市に移住しました。佐賀の事はまだ1年生。1年生が発見した佐賀情報を綴ります。

唐津観光がとにかく楽しい!絶景スポットやグルメ、お買い物情報など。

佐賀に移住して、何度唐津市へ行っただろうか…というくらい唐津に通っている我が家。いっそのこと唐津に住んでみたいな、と思うくらい美しい自然、美味しい食べ物、暮らしやすい環境に恵まれているんです。

佐賀市から唐津市へのアクセス・有料道路の料金

佐賀市からは高速道路を使えば1時間~1時間半ほどで到着しますが、高速道路を使わず、厳木多久有料道路を使えば片道210円で行けます。

行き方は佐賀市から国道34号線を多久市方面へ進みます。すると、三日月町五条の交差点の角にスーパーセンタートライアル三日月店があるので、そこを右折し、国道203号線へ入ります。

国道203号線を進んでいくと、厳木多久有料道路に差し掛かるので、あとは有料道路を通るだけ。片道料金は210円です。

厳木多久道路|有料道路|佐賀県道路公社

唐津に行ったら必ず訪れて欲しい場所「虹の松原」

唐津市にある虹の松原は、日本三大松原の一つでもあります。長さ4.5km、面積にして216ヘクタールもある松原は、三大松原のなかでも最大規模を誇っています。

海岸沿いにゆるやかな弧状を描いていることから、虹に見立てて「虹の松原」と呼ばれるようになったそうです。その松林の真ん中になんと県道が通っているから驚き。ドライブにツーリングにと、とても楽しめるスポットになっています。

虹の松原の道路

虹の松原の道路

松の木がひしめき合っている隙間から、太陽の光が降り注いでいて、とても美しい景色が見られます。ここに来ると、自分が松の木に囲まれている感じがとても心地よくて、癒されるんですよね。

 

No.1唐津グルメ 虹の松原の中心にある「からつバーガー」

虹の松原を進んでいくと、途中に広場になっているスペースがあります。そこに、からつバーガー松原本店があるので、是非寄り道してみて下さい。もはや私たちは、最初からここを目指して虹の松原へ行くほど、からつバーガーのファンです。

からつバーガー松原本店

からつバーガー松原本店

オススメはスペシャルバーガー。中身は、チーズ・ハム・たまご・パティが入っています。

からつバーガー

からつバーガー

ホカホカで香ばしいバンズに挟まれた、ボリューミーな具材がかなり豪華です。チーズの厚さがすごい。でも、この豪華な具材に負けないくらい美味しいのが、少しピリ辛のソース。このソースと具材のバランスが絶妙で、ほんとにペロリと食べられてしまいます。

個人的には、このバンズがかなりハイレベルだと思います。ふにゃふにゃしてなくて、張りのあるふっくらとしたバンズで、このバンズだけでも販売して欲しいくらい完成度の高い味がします。

からつバーガー中身

からつバーガー中身

夏は海水浴場となる「虹の松原海岸」

虹の松原線をずっと浜玉町方面へ進んでいくと、海岸に出られるスポットがあります。「浜崎駅入口」の交差点を左折すると、とてもフォトジェニックな小道が海岸まで続いています。

浜崎駅入口からの小道

浜崎駅入口からの小道

小道を抜けると、虹の松原海岸に到着します。無料の駐車場もあって、とても広々としていますよ。ここから見ると、松林がかなり遠くまで続いているのが見えます。これ全部、松林だなんて信じられません。

夏には海水浴場としても開放されるようですが、とっても広い海岸なので混雑することなく泳げると思います。

虹の松原海岸

虹の松原海岸

空から虹の松原を一望したいなら「鏡山展望台」

とにかく迫力のある虹の松原ですが、「端から端まで一体どれくらいの長さなの?」と高い場所から一望したい方は、是非鏡山展望台を訪れて下さい。虹の松原から車で10分ほどで行くことが出来ますよ。ただ、短時間で行けますが山の上にあり、かなりのくねくね道を登っていくので、車に酔いやすい方はお気をつけくださいね。

展望台からの景色はこの通り。松林だけでなく、海や島なども一望できます。駐車場も無料なので、ぜひ一度ここから壮大な景色を見て欲しいです。

鏡山展望台

鏡山展望台

佐賀県内で屈指の海水浴場「波戸岬海水浴場」

夏には是非こちらの波戸岬海水浴場へも訪れてもらいたいです。玄海灘に広がっているビーチで、めちゃくちゃきれいなんです。しかも利用料は無料!こんなきれいな海に無料で入れるなんて最高です。

波戸岬海水浴場

波戸岬海水浴場

海の水の透明度が半端ないので、子供を安心して泳がせられます。

波戸岬海水浴場の海

波戸岬海水浴場の海

 唐津の海はどこもとても綺麗なので海水浴にとてもオススメです。

2018年にリニューアル。オシャレキャンプ場「波戸岬キャンプ場」

佐賀に移住してからは、旅行よりもキャンプにハマっている我が家。なかでも、唐津市にある波戸岬キャンプ場に何度もお世話になっています。2018年夏にリニューアルしたばかりで、広く、キレイで、大人気のキャンプ場です。

波戸岬キャンプ場

波戸岬キャンプ場

エリアによっては海が目の前にあるので、絶景とともにBBQや焚き火が楽しめます。近くには国民宿舎の温泉があるのも魅力の一つ。

波戸岬キャンプ場の夕日

波戸岬キャンプ場の夕日

 キャンプ場内には、ハンモックがあったり、サッカーが出来るくらい広い広場があったり、海辺で遊べるスポットがあったりして子どもとても喜びますよ。

唐津の美味しいものが大集合「唐津うまかもん市場」

唐津へは何度も訪れている我が家ですが、からつバーガー以外の飲食店で食事をしたことがありません。からつバーガーが本当に好きだということもありますが、ここ唐津うまかもん市場で美味しい食材が手に入るからでもあります。

唐津うまかもん市場

唐津うまかもん市場

佐賀市内のスーパーでのお魚の品揃えはちょっとイマイチだな…と思っているのですが、唐津うまかもん市場はとにかくお魚がたくさん売られています。

新鮮で美味しい、ハマチやまぐろなどのお刺身が破格のお値段で購入できます。魚の臭みがなく、脂も乗っていて、とにかく美味しいんですよ。

刺身

刺身

佐賀牛も購入できますよ。高級品なので毎回は買えませんが、塩コショウで味付けして焼いただけでめちゃくちゃ美味しかったです。

佐賀牛や豚肉

佐賀牛や豚肉

最近のヒット商品はこちらの唐津産の牡蠣。何と1パック1,000円!しかも生食用の超新鮮な牡蠣です。15個くらい入っていて、しかも身もすごく大きくて、これはとにかく最高のコスパです!

唐津うまかもん市場の牡蠣

唐津うまかもん市場の牡蠣

白ワインで酒蒸しにし、磯の風味が凝縮された牡蠣にレモンをキュッとしぼるだけで、最高に美味しい仕上がりです。ワインにとっても合います。

牡蠣のワイン蒸し

牡蠣のワイン蒸し

上記でご紹介した波戸岬キャンプ場へ行く際に、唐津うまかもん市場で食材をたっぷり買っていくのもオススメですよ。

フォトジェニックな紅葉が見られる厳木町の「環境芸術の森」

紅葉シーズンにオススメしたいのが、厳木町にある環境芸術の森です。こちらは紅葉の数佐賀県内No.1だそうです。

インスタグラムで「環境芸術の森」とハッシュタグ検索すると、このようなフォトジェニックな写真がいっぱい出てくると思います。色鮮やかな紅葉が、テーブルに反射してとても幻想的な写真を撮ることができますよ。

環境芸術の森

環境芸術の森

見ごろは11月上旬。この景色以外でも、周辺の紅葉を見ながらお散歩するのもとても癒しの一時なので、是非紅葉シーズンに訪れてみてください。

春の公開も行っているようなので、新緑バージョンも見てみたいですね。

まとめ

さて、早足で唐津市の魅力をお届けしましたがいかがでしたでしょうか。行ってみたくなりましたか?

特別な施設や食べ物がなくても、自然そのものが魅力的な場所だと思います。これからも唐津通いしながら、新しい唐津の魅力を開拓していきたいと思います。