佐賀1年生。

30代夫婦+やんちゃ息子の3人で佐賀市に移住しました。佐賀の事はまだ1年生。1年生が発見した佐賀情報を綴ります。

佐賀での長い夏休み。お金をかけずに乗り切るための遊び場情報。

佐賀に移住する前までは、ワーキングマザーだった私。仕事を辞めて、子供と過ごす時間が増えて、たくさんの変化が生まれました。働いていたころは、土日祝日や年末年始以外は基本的に保育園に預けていましたが、今は幼稚園に通っています。

幼稚園の年間スケジュールを見て、私はかなり衝撃を受けました。えぇ…。幼稚園には、「夏休み」というものがあること!!

1ヶ月半もの間、子供と2人きり!?そりゃ、ワーキングマザーのときは子供との時間をもっと作りたかったですよ。でも、1ヶ月半もの間、子供と二人きりとなると、さすがにテンパりますわ。大好きな子供が毎日退屈しないように、でも、私もヘトヘトにならないように何して過ごそう…。去年の夏はそればっかり考えてました。

でも、あれこれして遊んでいるうちに意外と1ヶ月半があっと言う間に過ぎたのです。お金はないけれど、時間はたっぷりある私たちが、長い夏休みを乗り切った過ごし方をご紹介します!

 

 

 

1.とにかく無料の公園。

公園かい!とツッコまれそうですが、佐賀市内には子どもが思い切り遊べる大きな公園がたくさんあります。

○佐賀県立森林公園
○干潟よか公園
○空港公園
○ひょうたん島公園
○多布施川河畔公園
○夢咲公園
○巨勢公園

小さい公園も含めるとまだまだたくさんあるのですが、じゃぶじゃぶ池がある公園もあるので子供は毎日でも喜ぶと思います。ただ、毎日大型公園に行くのはママにとっては結構疲れますよね。熱中症も危険なので、気を付けて下さいね。

2.佐賀市健康運動センターのプール

高木瀬にある佐賀市健康運動センターは、ジムやプール、グラウンド、スタジオが兼ね備えられている大型運動施設です。

佐賀市健康運動センター

佐賀市健康運動センター

こちらのプールには夏休み中たくさんお世話になりました。まず、屋内なので日に焼けません。そして温水プール!また、夏休み中は子供に流水プールを開放してくれ、ベビー用の浅いプールには遊具を出してくれているんです!すべり台もあって、子供はひたすら滑っていました。

佐賀市健康運動センタープールのチラシ

佐賀市健康運動センタープールのチラシ

ずーっと浸かっているとだんだん体が冷えてくるのですが、ジャグジーがあるので温まることができます。そして、一番の魅力はお風呂があること!プールの利用料だけで、お風呂まで利用できるのでとてもお得。プールでたっぷり遊んだあと、こちらでお風呂に入って家に帰れば、あとは夜ごはんを食べて寝るだけ!

利用料は大人410円、乳幼児110円で、併せてほぼワンコイン並のお金しかかかりません。大人も水泳キャップを被らなきゃいけないので、ちょっと恥ずかしいですが、オススメです。

【住所】佐賀県佐賀市高木瀬町大字長瀬2553番地
【HP】佐賀市健康運動センター

 

3.わいわい!!コンテナ2。

呉服町の真ん中にある、「わいわい!!コンテナ2」は空き地再生プロジェクトによって誕生した憩いの場です。利用料無料で子供から大人までどなたでも楽しむことが出来ます。

わいわいコンテナ2

わいわいコンテナ2

公園のような遊具はないですが、コンテナの中は涼しく、漫画や雑誌があって、快適に過ごせます。ウォーターサーバーも無料で利用できます。

夏休みは毎日のように様々なアクティビティが実施されているので、HPなどでもスケジュールを配信してくれているようです。中には参加費がかかるものもありますが、親子でアクティビティに参加してみるのもオススメです。

わいわいコンテナの夏休みイベント

わいわいコンテナの夏休みイベント

外には、小さいですがカフェもあるので、大人も一息つけますよ。

わいわいコンテナのカフェ

わいわいコンテナのカフェ

【住所】佐賀市呉服町2番地内
【HP】わいわい!! コンテナ | わいわい!! コンテナ プロジェクト

 

 

3.神野こども遊園地のウォーターパーク。

佐賀市には、「神野こども遊園地」というとてもレトロで、子供たちからすごく愛されている遊園地があります。この遊園地のすごいところは、何と言っても入園料が無料なところ!乗り物に乗るにはお金がかかりますが、園内にはブランコやアスレチックもあるので、1銭も払わずに遊べることもできます。

神野こども遊園地

神野こども遊園地

その神野こども遊園地は、夏休み期間中にウォーターパークを設置してくれています。利用料は1時間500円。大人は見学するだけなのでお金を取られることはありません。すべり台や水鉄砲などたくさんの遊具があるので、子どもは大喜びでした。

神野こども遊園地ウォーターパーク

神野こども遊園地ウォーターパーク

ただ1時間をオーバーしてしまうと、もう500円を支払う必要があるので、割高になってりまいます。ワンコインで遊ぶ!と決めているなら、事前にお子さんとしっかり時間を守るように言っておきましょう。

ウォーターパークの良いところは、とにかく大人が快適に見守れるところ。広い敷地ではないので、大人はテントの下で座って見守ることができます。海やプールとは違って、子供と一緒に水に入る必要がないので楽でした。

【住所】佐賀県佐賀市神園4丁目1番3号
【HP】http://haut.jp/kouno/

4.佐賀県立図書館・こころざしの森

佐賀県庁の隣りに、佐賀県立図書館があります。そこの子供向けスペース「こころざしの森」がとても素敵スポットなのです。

1年前に完成したばかりなので、とっても綺麗。小さい子を膝に乗せて絵本を読めるようなコーナーもあれば、宿題が出来るようなカウンター席もあります。大人のスペースとは完全な別空間なので、「静かにしなきゃ」というストレスも無く、色んな絵本を楽しめます。しかも、飲み物の持ち込みがOKなんです。

定期的におはなし会も開催されているので、参加してみるのも楽しいと思います。

こころざしの森

こころざしの森

図書館の外には巨大な広場があって、すべり台や噴水で遊ぶこともできます。お弁当を持って来て、1日中こちらで過ごすのも良いですね。

県立図書館すべり台

県立図書館すべり台

【住所】佐賀県佐賀市城内二丁目1-41
【HP】児童図書閲覧室 - 佐賀県立図書館

 

5.佐賀バルーンミュージアム

 松原にある佐賀バルーンミュージアムなら、ワンコインで親子で楽しむことが出来ます。小学生以下未満のお子さんは無料、大人は500円と低価格。

バルーンミュージアム外観

バルーンミュージアム外観

バルーンミュージアム内はバルーンの歴史や仕組みについての展示や、フライトシミュレーターなどの体験コーナーや、バルーンについてのクイズコーナーなどがあります。

フライトシミュレーター

フライトシミュレーター

フライトシミュレーターは結構難しくて、子どもと一緒に挑戦しましたがなかなか苦戦しました。私たちが夏休み期間中に訪れた際にはスタンプラリーをすることができました。

丸一日過ごせるほどの規模ではないですが、バルーンミュージアム周辺は、佐賀県立図書館やわいわい!!コンテナ2など、立ち寄れる場所が密集しているので、ブラブラしてみるのも良いかもしれません。

バルーンミュージアムのすぐ裏には松原川が流れているのですが、とても長閑な雰囲気なので、ここのベンチでおやつを食べたりして休憩するのもおすすめです。

松原川

松原川

【住所】佐賀市松原2丁目2-27
【HP】佐賀バルーンミュージアム

6.佐賀市中央児童センター

兵庫にある中央児童センターは一日中遊べる子供も私もお気に入りの場所です。

佐賀市中央児童センター

佐賀市中央児童センター

18歳未満であればどなたでも利用することが出来ます。施設の中はとても広く、様々なエリアに分かれていて、4歳未満の子どもだけが遊べるスペースが確立されていたり、アスレチック、たくさんの知育おもちゃ、絵本、おままごとセットなどとても充実した遊び場になっています。

屋外スペースも広く、三輪車や竹馬、ボールなど体をたくさん動かして遊ぶこともできます。

佐賀市中央児童センター(屋外)

佐賀市中央児童センター(屋外)

もちろん、授乳スペースやオムツ交換スペースも整っていますし、食事が出来るスペースもありますよ。裏庭のスペースでママ友グループと子供たちでお菓子を食べたり、遊んだりしているのを見かけましたが、とても楽しそうでした。

佐賀市中央児童センター(裏庭)

佐賀市中央児童センター(裏庭)

子どもが小さいうちは目が離せませんが、ママが楽しめる雑誌や本もたくさん置かれてあったので、子供が遊びに夢中になっている間に読書タイムもいいですよね。もちろん、施設の利用料は無料です。

【住所】佐賀県佐賀市兵庫北三丁目7番7号
【HP】佐賀市中央児童センターをはじめて利用される方へ 佐賀市[佐賀県]

まとめ

以上、子どもとの長い長い夏休みを乗り切るための遊び場情報でした。毎日有料の施設に行くことはできませんが、公園や児童館などをメインに、プールなど夏にしかできない遊びを取り入れたら1ヶ月半の夏休みもあっという間に終わりました。これらの情報が少しでも参考になると嬉しいです。